新潟県 佐渡 赤泊産


 

 

 

 

 

 

◆追加料理プラン◆

ズワイガニ Lサイズ

【期間:秋〜春】

新潟の人でもほとんど知らないほど貴重な、大きなカニです。
新潟にも 「タグ付きのカニ」 がありました。
自信を持ってお勧めできる、おいしい蟹をお腹一杯どうぞ。
特別に厳選したうえで仕入れますので、5日前までにご予約ください。

海が荒れて漁船が出航できないときは、ご希望にお応えすることができ無いこともありますので、ご了承のうえご予約ください。

¥15,000

 

追加料理予約フォーム
お電話でもお気軽にご予約下

 

 

 

 

 



新潟県のカニは、今がおすすめです。

新潟のズワイガニ、南蛮海老は夏になると水揚げが減り、味も落ちてきます。
そのため、夏場は、新潟沿岸のカニは使わず、東北・北海道・オホーツク海のカニを扱います。

 

ご希望のサイズが無いこともあります。

海が荒れて長期間漁船が出漁できない時は、新潟魚市場の競りに出てくるカニの数が極端に減ります。 その際は、Mサイズのカニ以外は、希望通りに入手することができないこともあります。
また、大きさにより価格が変わることもありますが、ご了承ください。

 

 

 

 

新潟市の中心を通って海へそそぐ、新潟県一長い信濃川。越後にあるが「信濃川」。 その理由は、信濃国(現在の長野県)からくる川だからです。 信濃川を遡り長野県に入るとこの川の名称は 「千曲川」 に変わります。

日本で一番長い川 「信濃川」は、実はいつも濁っています。大雨が降れば、茶色になります。 長野県から長い時間をかけて流れてくる水は、それぞれの土地で、たくさんの栄養分を取り入れ、「濁る」のです。

この栄養豊富な水が注ぐため、新潟の海は魚やカニ達にとっては素晴らしい環境なのです。

 

 

佐渡島の南、本土側の漁港は、越佐海峡に面しており、島の内側ということで日本海の中でも、魚が豊富で漁がしやすい場所です。

佐渡の赤泊漁港の漁船は、ベニズワイガニと本ズワイガニの漁をしており、安くて量が多いベニズワイと、高価で量が少ない本ズワイガニの水揚げ量は新潟県内一です。

角屋旅館がお客様にご提供している蟹は、安いベニズワイガニではなく、本ズワイガニです。 

 

 

 

 

 

 

平成25年12月12日 待ちに待った初雪です。

12月中旬ですから、例年通りの冬の始まりです。

下記の表が、これまで14年間の雪景色の楽しめた期間です。
これから2か月半のお楽しみです。

 

 

 

 

 

 
 

雪国新潟 冬の味覚の一番人気は何といっても 「カニ」 です。
様々な種類の蟹がとれますが、何といっても味の王様はズワイガニです。
価格の安いベニズワイガニではなく、高級な本ズワイガニです。 なかでも、時々見かける大きくて重くて立派なカニには、赤泊漁港の新栄丸のタグが付いていることがあります。
このカニは数が少ない貴重なでものなので、追加メニューとしてご用意しています。

 

 

■このHTMLメールはインターネットに接続した状態でご覧ください。
■購読をご希望された方にのみお送りしています。
購読の登録・解除・変更は、こちらから。
ご意見・ご要望は、こちらから。
■「のんびり温泉通信」を、お友達へぜひ転送・ご紹介ください!

角屋旅館ウェブサイトへ

backnumber一覧へ戻る