2014年10
月23日号
おけさ柿の販売が始まりました

 

 

新潟県村杉名産おけさ柿

 

 

  

おけさ柿

村杉名産 おけさ柿
10月22日から11月10日頃まで
期間限定の販売です

 

佐渡産に限らず新潟県内で生産される平核無柿の事を「おけさ柿」と呼びます。
「おけさ柿」と呼ぶ人と、「八珍柿」(はっちんがき)と呼ぶ人があるのは、もともと、この種類の柿の木の原木が新潟市秋葉区に現存していて、そこが発祥の地であり、越後七不思議の次に珍しい「種の無い柿の木」として、「八珍柿」と呼ばれていたからです。

見た目は平らな四角い形が特徴的で、種が全く無く、そのままでは食べられない渋柿です。

渋柿と聞いて、驚く人と、喜ぶ人がありますね。

食べたいと思ったあなたは、渋抜きした柿の甘さをご存知の方ですね。

 

 

 

 

  おけさ柿

 

  

  

  
24個入り箱入りおけさ柿

大きめできれいな柿を選んで箱詰めした箱入りのおけさ柿

 


1.5キロ袋入りおけさ柿

少し傷ありや、サイズもバラバラのわけあり品を袋詰めした1.5キロ入り

おけさ柿の販売

 

 

身近な おけさ柿    販売商品について

青果市場に出荷用の箱詰め高級品とは異なり、地域の人たちがいつも食べているおけさ柿です。
市場出荷のための柿は、規格があるため、除草剤・防虫剤などの使用が多くなりますが、
このおけさ柿は、規格適用外の地域流通用の通常商品です。
安心して食べることができるように、除草剤不使用、防虫剤は最低限に控えています。
その代り、草刈り、剪定、摘果については、丁寧な手作業を行っています。
販売形式は、昨年はご覧のとおり簡単な袋詰め500円の柿だけでしたが、昨年、多くのお客様からご要望を頂きました箱入りも新登場です。
もちろん、価格は地域価格の格安料金です。

私たちが愛するおけさ柿は、とても身近なものです。
一日何個も剥いて食べてしまいます。
時間の経過とともに、柔らかくなって、最後はトロトロになります。
その甘さが、クセになり、この季節が来ると毎年ぜひ食べたくなります。 

 

遠くまで流通しない物にこそ、美味しさがあります

長期保存、遠方出荷のためには、食べ頃には少し早目、硬めの時期に収穫して、痛みにくい状態にしなくてはなりません。
当然、甘みも控えめになります。
村杉名産の柿のなかでも、角屋旅館で販売しているものは、今日すぐに食べるのに丁度よくなったおけさ柿ばかりです。 もちろん、甘みも香りも魅力的です。

 

おけさ柿の畑へ散歩しよう
  

 

おけさ柿の柿畑

 

雨は生き物にとって恵みの雨。
雨上がりには、野山の生き物たちが生き生きと輝いて見える時。 村杉温泉の素晴らしさは、気が向いたらすぐに里山を散歩することができる事。

晴れた日とはまた違う草木の薫りを感じながら、村杉温泉前の国道290号線を横切ると、そこに広がる荒木家の数百本の柿の木。 代々受け継いできた柿の木を今も大切に守りながら暮らしている。

 

雨上がりのおけさ柿 柿畑

 

柿の葉
おけさ柿
山芋
柿の葉

 

雨上がりの里山を散歩しながら、色づき始めたきれいな木の葉が、秋の訪れを感じさせてくれる。
都会に住んでいると、駅のポスターやショップのショーウインドウの飾りつけが秋色に変わるのを見て秋を見つけた様な気になるけれど、今日歩いているここで本当の秋を感じることに、ここまで来てよかったなあと喜びを感じる。
特別な絶景ではないけれど、私の愛するこの場所は、あたり前の光景が、普通にうれしい場所だと思う。

  

 

おけさ柿

 

 

除草剤を使わない柿栽培

 

地産地消の柿畑

  

村杉農園の柿畑で見つけた、古木の苔に魅せられました

 

 

おけさ柿の古木についている苔

 

 

 

おけさ柿の古木を見て歩く

 

 

    初秋の里山の景色


いろいろな柿の写真

 

秋の柿の里散歩

村杉農園では130本以上のおけさ柿を栽培しており、散歩をしていると、その他にも、たくさんの実をつけたたくさんの野生の柿の木を見ることができます。
6月の新緑のころも気持ちがいいもので、多くの人が散歩へ出掛けて行きます。
その頃にはどの木が柿なのか気が付きませんが、秋の散歩は葉が落ちで真っ赤な実が残った野生の柿の木がとてもたくさん見ることができます。

里山の田舎風情を感じることができる秋らしい風景です。

 

 

 

四角くて種がないのがおけさ柿の特徴です

 

 

 

YouTubeでムービーを見るGoogle Map動く!360度パノラマ写真メルマガのバックナンバーを見るLINE@Facebookで見る ツイッターでつぶやきを見る

 

新潟県 ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館

 

新潟県 五頭温泉郷 村杉温泉
ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館
〒959-1928 新潟県阿賀野市村杉4631-1

ラジウム温泉で健康に。 4つの無料貸切風呂 露天風呂付き客室 食事内容も自由に選べます。

 

  インターネットで 24時間 予約可能
電話で予約・お問い合わせ

[ 受付時間 ]  8:00〜21:00
TEL 0250-66-2221

入浴・食事のみ・日帰り利用はできません

【 電話予約の方法 】
お食事プラン・お部屋タイプを決め、「ホームページを見た」とお伝えください。 お待ちしています。

 

 

 

Facebook はじめました!

 
  今年も新潟のおけさ柿の季節となりました。 村杉産の本当の地産地消の柿です。
渋柿を少量のアルコールで一つ一つ渋抜きするには、長年の経験が必要です。その年の実の硬さ、水分量によって、熟成期間を変える必要があるからです。
紅葉がきれいな年は柿も美味しくなると言われています。 今年はどちらも期待できますね。
 

backnumber一覧へ戻る

■このHTMLメールはインターネットに接続した状態でご覧ください。
■購読をご希望された方にのみお送りしています。
購読の登録・解除・変更は、こちらから。
ご意見・ご要望は、こちらから。
■「のんびり温泉通信」を、お友達へぜひ転送・ご紹介ください!

角屋旅館ウェブサイトへ