| よくあるご質問 | お問い合わせ | 宿泊料金 | 空室・宿泊予約 |
ホーム
ページトップへ
村杉温泉 散歩ガイド
村杉温泉の歴史 →
村杉共同浴場 薬師乃湯 →
村杉 薬師の足湯 →
 
源泉 湯坪  -ゆつぼ- →
五頭の七清水 薬師の清水 →

村杉薬師堂

→
ムササビがいる 杉ばや →
夫婦杉  -めおとすぎ- →
岩野岩泉碑 →
村杉温泉 薬師の飲泉所 →
川上とうふ店 公式ページ →
村杉温泉中心図
 
  江戸時代から続く湯治場・治療の湯として知られてきた村杉温泉には、ラジウム温泉の効能で病気を治すために訪れた人々が、薬師如来の御加護を信じて建立した薬師堂があります。
五十段の階段を上り、病気を治す薬師如来を御参り下さい。

 

村杉ラジウム温泉 薬師の足湯

村杉温泉 薬師堂

 

  



薬師堂への上り口には、熱心な信者がいることを思わせる石仏が並んでいる。



薬師堂の前に立つと、村人によってきれいに掃除されていることが分かる。

 

村杉温泉 薬師如来 由来

温泉の守護仏である薬師如来をまつる薬師堂は、建武二年(一三三五年)に、荒木正高が当地に足をとどめ、薬師如来の霊夢に感じて霊泉を発見した際に、建立したものと伝えられます。
昭和三十六年の台風により倒壊したため、再建され現在に至ります。

◆「病気を治す」薬師如来のご利益
長い間「お薬師さま」と呼び親しまれ、拝まわれてきました。 薬師如来は、東方浄瑠璃世界とよばれる浄土の教主で、正しくは「薬師瑠璃光如来」といいます。

「薬師」とは、文字通り「薬」に精通し人を助けた尊いお方のことで「医師」と同じ意味であり、古くから病気治療をつかさどる仏様として信仰されてきました。
人々の心と体の病を癒して苦痛を取り除き、,あらゆる衣食を満たし、寿命を延ばし、現世利益(げんぜりやく)を与えてくれます。

村杉温泉薬師乃湯は、大変珍しいラジウム温泉の効能が諸病を治すといわれ、古くから多くの湯治客が訪れ、温泉の効能と薬師如来のご加護で病気を治していました。

◆十二神将(じゅうにしんしょう)とは
薬師堂の中には、薬師如来に従い、世界を守護する十二神将が飾られています。この十二神は頭上に十二支の冠をいただき、昼夜十二時の守護をなしています。

一 宮毘羅(くびら)
二 伐折羅(ばさら)
三 迷企羅(めきら)
四 安底羅(あんてら)
五 額爾羅(あにら)
六 珊底羅(さんてら)
七 因達羅(いんだら)
八 波夷羅(はいら)
九 摩虎羅(まこら)
十 真達羅(しんだら)
十一 招杜羅(しょうとら)
十二 毘渇羅よびから)

◆村杉温泉に医者が育たないという言い伝え
ラヂウム温泉とお薬師さまのご加護で病気が治るため、村杉温泉には医者が育たないといわれています。その昔は、薬師堂の回縁(まわりえん)には、怪我が治って使わなくなった松葉杖がたくさん奉納されていました。

◆年中行事
1月16日 ごしょ初め(初薬師)
5月8日(旧4月8日) お薬師様の日
11月8日(旧10月8日 柿薬師
12月20日すぎ かね洗い(納め薬師)




 

 

YouTubeでムービーを見るGoogle Map動く!360度パノラマ写真メルマガのバックナンバーを見るLINE@Facebookで見る ツイッターでつぶやきを見る

 

新潟県 ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館

 

新潟県 五頭温泉郷 村杉温泉
ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館
〒959-1928 新潟県阿賀野市村杉4631-1

ラジウム温泉で健康に。 4つの無料貸切風呂 露天風呂付き客室 食事内容も自由に選べます。

 

  インターネットで 24時間 予約可能
電話で予約・お問い合わせ

[ 受付時間 ]  8:00〜21:00
TEL 0250-66-2221

入浴・食事のみ・日帰り利用はできません

【 電話予約の方法 】
お食事プラン・お部屋タイプを決め、「ホームページを見た」とお伝えください。 お待ちしています。