| よくあるご質問 | お問い合わせ | 宿泊料金 | 空室・宿泊予約 |
?

 

ホーム
ページトップへ
 
     
  角屋旅館では、コース料理の最後にお出しする「甘味」にも、地元の旬の素材を使っています。
これから1年間、コース料理の甘味をご紹介いたします。
 


ご紹介している甘味は、ある年のある日にコース料理のなかで客様にお出ししたものです。 数種類ご用意している中から、各月1種類を選びご紹介しております。 ご予約いただくことはできませんのでご了承下さい。

 

 

健康を考えた、にんじんスィーツ

地元の農家の甘い人参を使った、人参のジンジャークリーム、

ナッツは、 かやの実 、 くるみ 、 松の実 。

そして、越後の米飴で、少しだけ甘みをプラスします。

 

越後米飴とは・・

越後新潟産のもち米を麦芽で糖化して作る米飴です。昔ながらの製法の米飴は、白砂糖を摂らないマクロビオティックの食事法をする方々には良く知られた甘味料です。

もち米の飴は、クセが無いふんわりとした甘さです。

 

白砂糖を使わない玄米菜食・マクロビオティック風のお料理をご希望のお客様はお気軽にお申し付けください。
このほかにも、てんさい糖、メープルシロップなどでお料理を作ることができます。

 

 

 
  角屋農園には古くて大きな柿の木が1本あります。
この地方では「おけさ柿」と呼ばれる種類で「渋柿」です。新潟の柿は、昔からそのほとんどが渋柿です。

渋柿だから食べられないのではなく、渋抜きして食べる品種なのです。

今年は全国的に果物が豊作の年でしたから、角屋農園の柿の木もたくさんの実をつけました。
おおよその勘定ですが、1本の木から2000個以上の柿を収穫しました。

この柿をとれたての頃は、カリカリした新鮮な柿のままデザートとして食べて頂きました。

また、近頃、角屋旅館で密かな人気の果実酒の一員として、柿酒にしました。
そして、室内で熟した実は、ミキサーでペースト状にして冷凍保存しました。
その一部が、この柿羊羹です。

今年は、冬の水菓子として角屋農園の柿羊羹をお楽しみ下さい。

 

 


 

 

 

 

 


 



     
 

6月になると周囲の野山は、宝の山になります。
赤や黄色、オレンジの野いちごが緑色の葉の下に見え隠れしていました。

まずは、味見をしてから、色の濃い野いちごを選んで、果実酒を作りました。じっくり2年間寝かせて熟成させます。
そして、次にそのまま寒天で流してお料理コースのデザートにしました。
まだまだ、たくさん採れたので、野いちごジャムを作りました。バニラアイスにかけて食べていただきます。

 
           
           

 

冬至にかぼちゃを食べる理由は・・・

  

 

 

 

YouTubeでムービーを見るGoogle Map動く!360度パノラマ写真メルマガのバックナンバーを見るLINE@Facebookで見る ツイッターでつぶやきを見る

 

新潟県 ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館

 

新潟県 五頭温泉郷 村杉温泉
ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館
〒959-1928 新潟県阿賀野市村杉4631-1

ラジウム温泉で健康に。 4つの無料貸切風呂 露天風呂付き客室 食事内容も自由に選べます。

 

  インターネットで 24時間 予約可能
電話で予約・お問い合わせ

[ 受付時間 ]  8:00〜21:00
TEL 0250-66-2221

入浴・食事のみ・日帰り利用はできません

【 電話予約の方法 】
お食事プラン・お部屋タイプを決め、「ホームページを見た」とお伝えください。 お待ちしています。