| よくあるご質問 | お問い合わせ | 宿泊料金 | 空室・宿泊予約 |
ホーム
ページトップへ


* * * 妊婦さんのためのマタニティプラン * * *
妊婦さんにやさしい宿 安産祈願の仏様 三十三観音参り 妊婦さんだけの抱き枕 お部屋にくつろぎ椅子
マタニティ整体 妊婦さんのドリンク オリジナルスタイ おそろいのお茶碗 安産祈願のお守り
記念の陶芸体験 安産祈願の雪だるま 妊婦さんの新婚旅行 赤ちゃんとお礼参り NHKでも紹介“マタ旅”
温泉の安全性 枝豆を食べましょう 戌の日カレンダー 赤ちゃん虫よけスプレ のんあるカクテル

妊婦さんも大丈夫

安産祈願ブレスレット 貸切風呂にも手すり    

 
新潟県で安産祈願といえば、阿賀野市の高徳寺羽黒優婆尊です。
とても歴史の古い安産祈願所です。
古くから女性のカラダにとても優しいといわれるラジウム温泉の村杉温泉も近く、
安産を願う妊婦さんが訪れる場所です 。

 

地元では、
子宝安産祈願なら
羽黒の “うばさま” と
親しまれています

「優婆尊-うばそん-」は、地元では通称“ウバサマ”と呼ばれ、熱心な信者多い場所です。
妊婦さんは、安産祈願のために、ぜひ訪れてください。

 



乳母さま ⇒ 姥様 ⇒ うばさま ⇒ 優婆尊

その昔、皇室などで大切な後継ぎを育てる役目の「乳母」を語源として、民間信仰の中で安産と子宝、子育て、無病延命の仏様として「うばさま」と呼ばれるようになったとも言われています。

 



大きな杉に囲まれた神聖な雰囲気  

安産と子宝の仏様
優婆尊
[うばそん - 通称 うばさま]


角屋旅館からクルマで5分(約3キロ)。
本尊は僧行基の作と伝えられている羽黒の優婆尊像。本尊は僧行基(ぎょうき)の作と伝えられている優婆尊像。

天平五年(733年)僧・行基が出湯を訪れていた時、三途の川の老婆が現れ、「私は表は極悪忿怒の姿をしているが、内は愛憐大悲の情を持って人々を救おうとしています。すぐに私の像を彫刻しなさい」と言い、毘廬舎那仏の姿で空に消えたそうです。


妊婦さんやご家族は
優婆尊で安産祈願

安産を祈願する信者は、赤いさらし木綿の布を頂いて、妊婦さんの腹帯に入れておくのが習わしで、 お参りする時は
“おんはらまにそわか” と7回唱えます。

医学がまだ発達していなかった頃は、出産は女性の大役といわれ、神仏に頼って無事に済むことを祈願したのです。

お産が無事済んだあとには、前回いただいたお礼とお守りを持って参りをします。

境内には、石仏が並び、どれも丁寧に磨かれ、衣をまとっている。
優しい笑顔にホッと心が癒されます。




二股に分かれた杉の木が、安産・子宝祈願として祀られていることは良くありますが、ここのように、安産子宝祈願のお寺の境内の両脇に、二股に分かれた杉の巨木が立っていることは、本当に珍しいのです。
偶然に二股に分かれたのでしょうか。もしそうなら、仏様の成せる業としか考えられません。
もしも、信者が二股にしたものなら、その信仰の強さを感じます。
左右の子宝杉の下には、それぞれにお地蔵様が建立されており、信仰深い信者の心が伝わってきます。

 

 



優婆尊御霊水

妊婦さんにとって、とても大切な鉄分。妊娠期の貧血は、その殆どが鉄分の不足からといわれています。
この優婆尊の脇で何百年も前から湧いている清水は、鉄分が多いため、少しクセのある独特な味わいです。

安産の仏様の境内に湧く水が、鉄分の多い清水というのは、偶然なのでしょうか。五頭温泉郷周辺には、地層の関係で、たくさんの名水が湧きますが、鉄分の多い湧き水は唯一ココだけです。



杉の木陰にひっそりと湧く御霊水は、小さなお地蔵さまが置かれてあり、柄杓(ひしゃく)とお賽銭箱があるのみ。地元羽黒の人に聞いた話ですが、老舗の染物やさんは、年に一回大切な藍染をするときに、この御霊水を汲みに来るそうです。
鉄分が多いため、いい色が出るとかで、必ずこの水を使うそうです。

看板には「優婆尊御霊水高徳寺」と書かれてありますが、この羽黒優婆尊は、近くにある高徳寺さまのお堂のひとつで、遥か昔に、出湯温泉華報寺から高徳寺へ優婆尊を移動させた際に、この場所で動かなくなり、ここにお堂を建てお祀りしたという言い伝えもあります。


   

 




  


 

三十三観音参り

優婆尊の脇を登ると、三十三観音参り所があります。
子宝祈願のご夫婦や、ご夫婦で安産祈願に来たご主人が、三十三観音一つ一つに手を合わせて、熱心にお参りする姿を見かけます。

妊婦さんは一番下の一つ目の観音様の前で待ち、ご主人ひとりで三十三観音をお参りするようにしましょう。



 

三十三観音巡拝

 

 

問い合わせ

  

  高徳寺 羽黒優婆尊  新潟県阿賀野市羽黒 287-1  時間 : 9時頃〜15時頃

  高徳寺 本堂   新潟県阿賀野市次郎丸1381   TEL : 0250-62-3792


越後國阿賀野市次郎丸
羽黒本社優婆尊守護所徳寺

参拝時間 : 9時〜15時

羽黒 優婆尊 (はぐろ うばそん) は、1200年前から続く小さなお寺です。
とても有名なお寺とは言えませんが、熱心な信者の皆様に支えられています。

遥か昔に、出湯温泉の華報寺から優婆尊の像を、高徳寺へ運ぶ際に、この羽黒の地で動かなくなり、この場所にお堂を建てお祀りしたのが始まりとも伝えられています。

本堂は1.5キロ離れた高徳寺です。 ご住職や代わりの方が毎日、この羽黒優婆尊に通ってきています。

そのため、優婆尊は 朝10時頃から開き、夕方3時頃に閉められます。
昼間でも、時々は用事のために外出し無人のこともあります。
ご住職の代わりの人がいることもあります。

 

 

お客様のお便り

妊婦さんの声


安産祈願のできる場所という点でとても魅力を感じました。

福島県 30代女性
今回は、妊娠中での旅行となるので、近場で、貸し切り温泉、料理が選べる点、安産祈願のできる場所という3つ点でとても魅力を感じました。

夫が外国人ということもあり、和式スタイルの旅館の方が風情がありホテルと違った日本のくつろぎ方が体験ができる点にも魅力を感じます。


子宝にも良い温泉の効能に期待。

長野県 30代男性
貸切温泉があり無料であること。旅に出て夫婦別々だと結構、寂しいものです。子宝にも良い温泉の効能に期待。
新潟ならではの新鮮な魚介!自宅では食べられないような料理。あんみつも楽しみです。

普段あわただしい毎日なので、ゆっくりのんびりリフレッシュするつもりです。これで子宝が授かれば言うことなし!です。


安産のお参りにも行きたいです。

新潟県 30代女性
ゆっくり過ごしたい。来年子供が産まれるとなかなかでかけられなくなるので。
近くの神社へ安産のお参りにも行きたい。
妊婦なので妊婦にもやさしい温泉でありがたい。
鍋などあたたかい料理が食べたい。地元の食材など(豆腐、安田ヨーグルトなど)が出ると嬉しい
です。

妊婦さんにやさしい温泉

 

 

YouTubeでムービーを見るGoogle Map動く!360度パノラマ写真メルマガのバックナンバーを見るLINE@Facebookで見る ツイッターでつぶやきを見る

 

新潟県 ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館

 

新潟県 五頭温泉郷 村杉温泉
ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館
〒959-1928 新潟県阿賀野市村杉4631-1

ラジウム温泉で健康に。 4つの無料貸切風呂 露天風呂付き客室 食事内容も自由に選べます。

 

  インターネットで 24時間 予約可能
電話で予約・お問い合わせ

[ 受付時間 ]  8:00〜21:00
TEL 0250-66-2221

入浴・食事のみ・日帰り利用はできません

【 電話予約の方法 】
お食事プラン・お部屋タイプを決め、「ホームページを見た」とお伝えください。 お待ちしています。