| よくあるご質問 | お問い合わせ | 宿泊料金 | 空室・宿泊予約 |
ホーム
ページトップへ
村杉温泉 散歩ガイド
村杉温泉の歴史 →
村杉共同浴場 薬師乃湯 →
村杉 薬師の足湯 →
 
源泉 湯坪  -ゆつぼ- →
五頭の七清水 薬師の清水 →

村杉薬師堂

→
ムササビがいる 杉ばや →
夫婦杉  -めおとすぎ- →
岩野岩泉碑 →
村杉温泉 薬師の飲泉所 →
川上とうふ店 公式ページ →
村杉温泉中心図
 
  杉の巨木に覆われた温泉「村杉温泉」。 昔は温泉街の中心にある共同浴場や、その上にある薬師堂へと続く参道の両側に大きな杉木が並んでおり、その景色はまるで箱根の杉並木のようでした。台風の被害で倒れたり、世の中が人力車から自動車に代わり道路を広げるために道路脇の杉の巨木はすべて伐採されましたが、今もまだ多く残る杉の木にはムササビが住んでいます。  

村杉ラジウム温泉 薬師の足湯

村杉温泉 薬師堂の
周囲には杉の巨木が
空に向かって伸びている。

夕暮れ時から動き始めるムササビは、高い木上から頭上を横切り離れた木に飛びつく。
夜道を歩いていると、上空をフワッと黒いものが横切っていった。一瞬のことなのでよく確認することはできなかったが、あれはきっとムササビの夜間飛行に違いない。




ムササビが暮らす
静かな森の中の温泉

村杉温泉 薬師堂の右の柱にある斜めの傷は、ムササビが周りの木から飛んできた時に掴まってついた引っかき傷。

周囲の樹の幹を注意深く観察してみると、樹皮がはがれているところを見つけることができる。これも、恐らくムササビが樹を駆け上る時にはがれたはず。

 

YouTubeでムービーを見るGoogle Map動く!360度パノラマ写真メルマガのバックナンバーを見るLINE@Facebookで見る ツイッターでつぶやきを見る

 

新潟県 ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館

 

新潟県 五頭温泉郷 村杉温泉
ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館
〒959-1928 新潟県阿賀野市村杉4631-1

ラジウム温泉で健康に。 4つの無料貸切風呂 露天風呂付き客室 食事内容も自由に選べます。

 

  インターネットで 24時間 予約可能
電話で予約・お問い合わせ

[ 受付時間 ]  8:00〜21:00
TEL 0250-66-2221

入浴・食事のみ・日帰り利用はできません

【 電話予約の方法 】
お食事プラン・お部屋タイプを決め、「ホームページを見た」とお伝えください。 お待ちしています。