| よくあるご質問 | お問い合わせ | 宿泊料金 | 空室・宿泊予約 |
ホーム
ページトップへ

新潟の木箱に入ったズワイガンイ

人々が寝静まっている午前4時。 新潟漁港に集まってきた魚介の競りが始まる時間。
晴れた日の新潟卸売市場には並びきらないくらいの魚の箱がびっしりになります。
威勢のいい声が夜明け前の市場に響く中で、角屋旅館の調理長は、たくさんある蟹の箱の中から、特に木箱入りのカニを探します。

「 木箱のカニ、ねぇーかぁ〜  木箱のカニ〜 」

さて、今朝は美味しい蟹を、手に入れることができるでしょうか。


 

 

 

木箱の甘海老

木箱の甘えび

これは、木箱の甘海老(新潟では南蛮海老と呼ぶ)。 佐渡島の漁船ではなく、新潟港から出かける大型船の水揚げです。

近年、魚を入れる箱は、ほとんどが発泡スチロールの箱 「トロ箱」 に変わりました。 佐渡の港に所属する船はすべて発泡スチロールを使用しますが、この船だけは未だに木箱を使います。

大型船で甘えびを採り、カニを採り、魚を採り・・・

色々な新潟の海の恵みを持って帰ってきてくれます。 大型船なのでその水揚げ量が多く、品質が安定しているのが魅力です。 

魚市場で木箱のカニが並んでいるときは、間違いなく木箱をチョイスします。

 

 

木箱に入った新潟佐渡のズワイガニ

木箱に入って市場に並んでいるときは、かにはこんな風に裏返しになって流通します。
また、宿の調理場の大きな鍋でカニを茹でる時も裏返しにして茹でます。

 

 

新潟で毛ガニ?

そうなんです。 毛ガニと言えば北海道を想像しますが、新潟の海にも毛ガニがいます。
日本海側なら新潟県から北の海で、太平洋側は、茨城県から北で、広い範囲で毛ガニは採れるのです。
毛ガニを選ぶときは、大きなサイズよりも中くらいがおすすめです。 大きなものは大味になります。 毛ガニの身も甘くておいしいのですが、やはり一番の楽しみは味噌です。

新鮮な毛ガニは、茹でた時に味噌が綺麗なオレンジ色になります。
色が鮮やかな味噌ほど、甘みが強く美味しいのです。

角屋旅館の「かにコース」では、新潟のズワイガニをメインに、毛ガニ、ワタリガニ、川蟹など、季節を感じることができるカニを少し入れてコースにしています。

食べ放題や格安な宿のカニ料理とは一線を画しています。

 

 

YouTubeでムービーを見るGoogle Map動く!360度パノラマ写真メルマガのバックナンバーを見るLINE@Facebookで見る ツイッターでつぶやきを見る

 

新潟県 ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館

 

新潟県 五頭温泉郷 村杉温泉
ふるさとがしのばれる宿 角屋旅館
〒959-1928 新潟県阿賀野市村杉4631-1

ラジウム温泉で健康に。 4つの無料貸切風呂 露天風呂付き客室 食事内容も自由に選べます。

 

  インターネットで 24時間 予約可能
電話で予約・お問い合わせ

[ 受付時間 ]  8:00〜21:00
TEL 0250-66-2221

入浴・食事のみ・日帰り利用はできません

【 電話予約の方法 】
お食事プラン・お部屋タイプを決め、「ホームページを見た」とお伝えください。 お待ちしています。